お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
MENU

看護部ブログ

NURSE BLOG

口腔ケア勉強会&納涼祭!

こんにちは(^^)/

今回のブログは、口腔ケア勉強会とアーネスト納涼祭のご紹介です!

 

 

口腔ケア勉強会が6月14日に行われました。

右マヒ患者を想定した疑似体験。みんな頑張っています!

P1010673

P1010675

P1010674

P1010684

P1010680

P1010686

 

 

 

続いて8月26日に開催されたアーネスト納涼祭!

P1010751

いつも笑顔の院長もハッピを着てニコニコです😄

P1010754

外科主任の活躍!

P1010764

毎年楽しみです(^^♪

P1010785

入所者さん参加のスイカ割り!うまく割れたかな~(^_^)

P1010780

最後は花火で締めくくり。

写真は・・・残念(>_<) 不発ではありません(^^;)

P1010786

 

 

次回のブログは11月公開です(^^)/~~~


新人研修!

こんにちは♪

最近、早くも夏を感じさせる暑さが時々ありますよね~

皆さん気温差で体調はくずされていませんか?

水分をこまめにとって、熱中症予防に心がけましょう(^^)

 

さて、今回のブログは・・・

3月に赴任されました富加見看護部長の紹介と平成30年度新人研修の様子でーす(^^♪

 

最初に看護部長よりご挨拶です!

P1010671

2018年3月から赴任した富加見 美智子です。

看護の『看』は「手」と「目」で『手当て』と常日頃から思っています。

病棟に行くと私は必ず患者さんに触れてきます。小さな子供は痛みがあると、

お母さんにそっと擦ってもらうことで不思議と痛みが取れるものです。

その役目がまさしく『看護』と思います。

鎗田病院は活気のある病院で、毎日、スタッフから元気を分けてもらっています。

また、病院方針『患者さんのために自分は何をすべきか?』これに感動しています。

医療従事者として永遠のテーマであると思います。看護も同じ方向をめざして

成長して行けるように地域の方々に寄り添う看護に努めます。

職員は、20年以上貢献している地元の職員も多く、豊富な経験値を発揮しています。

皆で明るく頑張れる職場つくりを実行致します。

ここで私が大切にしている言葉を二つ紹介致します。

『優しさだけでは看護はできない。でも優しさがなければ看護ではない。』

『理論なき実践は盲目であり、実践なき理論は空虚である』(社会学者:レビン)

この言葉を胸に鎗田病院看護部のケアは毎日、前進したいと思っています。

看護部長 富加見 美智子

 

続いて、新人研修の様子です!

P1010611

新人研修にて、看護部長自ら呼吸器リハを含めた

気切の吸引方法を指導されました。

P1010608

看護部長は貫禄があって、一見怖そうに見えましたが・・・

見た通り心も大きな人で、その胸で皆を包んでくれています!

 

何よりも患者さん一番!!

そして皆に看護の楽しさを教えてくれます。

P1010627

 

続いて、電子カルテの操作をマンツーマンで教えている様子です。

緊張している新人さんに、ゆっくり丁寧に分かりやすく

説明しています。

P1010652

 

次回のブログは8月公開です(^^)/~~~

 

 


平成29年度実践報告会!

こんにちは♪

鎗田病院看護部、看護師歴10年目のナースマン鎗太です(^^)/♪

 

まだまだ寒い日が続いていますね!

冬期オリンピックすごく盛り上がっているし、コタツにみかんが手放せません(;^ω^)

 

さて今回は、第3回目となる実践報告会の様子をお伝えします!

 

教育研修委員会主催の「実践報告会」は、日々実践していることを研究的にまとめ発表する場です!

他部署で、どんな取り組みをしてきたのか、発表が楽しみです。(;´∀`)

委員の皆さん、スタンバイOKですか~っ!

ちょっぴり、緊張してますね!

P1010541

 

教育研修委員会委員長の看護部長の開会の挨拶に続き、院長の挨拶です。

研究方法や患者さんへの説明、承諾を得ることについて言及されました。

実践3

 

さあー、いよいよ発表です!

今年度は、地域包括ケア病棟・外科病棟・内科病棟・療養病棟・外来の発表がありました♪

IMG_0897

 

時間をかけてまとめた研究を、それぞれの部署が発表しました!

IMG_0951

 

座長・タイムキーパーの進行により、円滑に行うことができました(^-^)

これからの業務に役立てられるように、発表に対しての意見や質問も

活発に行われていました!

P1010567

実践4

 

看護部の意見だけではなく、院長や他部署のからの意見、質問を参考に

今後の業務をさらに良くするための良い時間になったと思います(^^♪

 

今回の実践報告会で得たことを、今後の業務に活かせるように

日頃から意識していきます!!

 

皆さん、お疲れ様でした。質疑応答が活発でとてもいい実践報告会でした(^▽^)/

実践5

 

東看護部長の閉会の挨拶でした!

 

まだインフルエンザが流行していますので、体調に気をつけてお過ごしください!

また次回のブログでお会いしましょ~(^^)/~~~

鎗太

 

 

実践1

2月23日・27日、病院見学会&カフェにご参加の皆さんにクイズです。

看護部ブログのライターは誰でしょう。

 

【こちらの記事もオススメ!】

実践報告会!


鎗田病院で公開講座が開催されました!!

こんにちは!

鎗田病院看護部、看護師歴10年目のナースマン鎗太です。

今日のテーマはずばり・・・

 

10月26日(木) 鎗田病院にて公開講座を開催しました!!

 

鎗田病院では、実は定期的にサービス向上委員会で企画運営、テーマを変えて公開講座を開催しているんです。

入院されている患者さんや患者さんのご家族をはじめ、どなたも参加できる講座です。

今回もたくさんの方にご参加頂きました!

※公開講座の案内用紙はこんな感じでした!(別タブで開きます) → 公開講座の案内

当日は皆様から多くの質問やご意見を頂き、前向きな姿勢で臨んで頂けたと感じています。

さて、気になる公開講座の内容は下記の通りです。

 

| 公開講座の内容

・日時 : 平成29年10月26日(木) 14:00~15:00

・場所 : 鎗田病院

・テーマ : 睡眠時無呼吸症候群について

・講師 : 鎗田病院 呼吸器内科 横須賀恭子 医師

・参加者: 47名

 

この「睡眠時無呼吸症候群」ですが、興味をもたれる方も多いテーマなのではないでしょうか?

わたくし鎗太も、実は無呼吸症候群なのではないかと指摘をされたことがあり、気になっていた講座でした(笑)

 

 

| 睡眠時無呼吸症候群ってなに?

IMG_0711-min
※公開講座で講義する横須賀医師の様子

最近はよく耳にするようになった睡眠時無呼吸症候群ですが、どのような症状が見られるのか?

睡眠時無呼吸症候群について、わかり易く記載されている記事がありました。無呼吸なおそう.com様より紹介させて頂きます。

 


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

引用元:無呼吸なおそう.com


 

症状としては「いびき」や「日中の眠気や倦怠感」など軽微なものと思われがちですが、

様々な合併症を引き起こしやすくなる要因にもなると言われています。

・・・怖いですね。特に害もなさそうだし、後でもいいかなぁと後回しになってしまっていました。

私、今回の講座の内容を受けて、初めて「治療に行こう」と強く心に誓いました。

 

| 皆様からの講座に対するご意見

私の感想だけでなくて、実際に参加頂いた方のご意見をいくつかご紹介させて頂きますね。

  • 無呼吸症・低呼吸の事が良くわかりました。
  • 睡眠中に息をしていないと言われますので、いずれご相談に伺います。
  • 皆さんの質問に対して先生の回答がとてもわかりやすく良かったです。
  • とてもわかりやすくよかったです。公開講座がありましたら、また参加したいです。5回目と聞いて、今後気をつけていきます。
  • 簡易検査から段階を踏んでチェックしたいと思います。

 

無呼吸症候群・低呼吸が身体に与える影響をご理解頂けた方も多く、本当に良かったと思っています!!

次回の公開講座の希望テーマもご意見として沢山頂きました!

 

| 皆様からの講座に対するご意見

  • 認知症の予防(20名)
  • 糖尿病と血糖値(16名)
  • 免疫とストレス(11名)
  • 腰痛(7名)
  • 消化器がんの予防(6名)
  • アルコールと病気(6名)
  • インフルエンザ(2名)

 

気になる希望テーマはありましたか?

次回の公開講座は「認知症の予防」をテーマに3月頃の開催を予定しています。

詳細は「広報いちはら」をはじめ「病院ホームページ」などで告知させて頂きます!!

 

ではまた次回のブログでお会いしましょう~( ´∀`)/~~

鎗太

 


検査科のご紹介

こんにちは!

鎗田病院看護部、看護師歴10年目のナースマン鎗太です。

 

インフルエンザが流行し始めています!

予防接種や手洗い、うがいなどしっかり対策を行って元気に冬を迎えましょう!

 

第9回「院内紹介コーナー」

今回は【検査科】のご紹介です(o^∇^o)ノ

検査科は採血、検体検査、生理機能検査など幅広い業務を行っています。

 

今年入職したナースがテキパキと働いていますよ!

IMG_0721

ナースA「血液検査、お願いします」

検査技師「はい、わかりました!」

 

患者さんの名前と検査内容をしっかり確認してから渡します。

入職から6カ月が経ち、連携もスムーズになってきました!

 

こちらは検査技師と輸血パックを前にダブルチェックを行う、新卒ナースBさんです!

IMG_0717

ナースB「A型…照射赤血球濃厚液…」

 

間違いのないよう、1つ1つしっかりと声に出して確認しています。

これはとても大事なことです😊

 

新卒ナースBさんが、心電図モニターの波形について検査技師に質問しています。

ベッドサイドモニターで気になることがあったようですね。

IMG_0727

 

検査技師は、質問に対して分かりやすく丁寧に説明してくれました。

鎗田病院の先輩たちは、職種に関係なく新人ナースの教育にとても協力的なんです!

これからも新人ナースたちをよろしくお願いしますね(^▽^)/

 

臨床検査技師や看護師はICT(感染制御チーム)のメンバーとして、密に連絡をとり感染性疾患への対応について情報を共有し、連携を図りながら業務を行っています。

IMG_0588

 

真剣な中にも和やかな雰囲気があり、人間関係の良さが伝わってきますね。

検査科での「やりがい」はどういったところなのか、検査技師に聞いてみました。

 

検査技師「日常業務や研修などで新しい知識が身に付くので、自身の成長を感じられます。各種検査士や認定資格の取得も可能なので、キャリアアップも目指せます!」

 

日々いろいろな技術や知識を吸収でき、スキルを磨ける環境なんですね。

鎗田病院は資格取得へのサポート体制も整っているので、自身の目指す看護を実現できます。

 

その他の病棟の情報はこちらで紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

鎗田病院に興味を持っていただけたら、

お気軽に見学会や病院資料をお問い合わせくださいね。お待ちしています!

 

ではまた次回のブログでお会いしましょう~( ´∀`)/~~

 

鎗太

 

【こちらの記事もオススメ!】

外来をご紹介します!

療養病棟ご紹介!


pagetop